メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報や、メルマガ限定情報などをメールで受信できます。

9,586人の購読者に加わりましょう

Browse By

企業主導型保育所のリスクは?

企業主導型保育を含む認可外園と認可園の大きな違いは、全ての園児を自ら集める必要があるかどうか、という点です。

すなわち園児を集めることができない限り、事業は成り立ちません。

そして、認可外保育所の廃止、休止の多くの理由は、園児が集まらないことによる赤字倒産だと考えられます。

園児が集まらない理由はいくつか考えられるが、一番の理由はそもそもの待機児童が少ない地域という、需要と供給のミスマッチです。

逆にいうと、待機児童の多い地域で行えば、半分は成功したも同然です。

そして保育所への許容範囲というのは、交通手段はなんであれ、20分以内、と言われています。

すなわち20分以内の待機児童数が成功するかどうかの鍵になります。

リスクという観点では、20分以内の待機児童数がどうなのか、そして将来的にどうなるのか、という分析を行うべきです。

ウェブサイトで公開出来ない非公開情報は、メルマガ、LINEオープンチャット、オンラインサロンにて完全無料で公開中です。 お問い合わせフォームから「LINE加入希望」「メルマガ加入希望」「オンラインサロン加入希望」と送ってください! ブログランキングに参加中です。もし宜しければこちらをクリックお願いします! SNSでも様々な情報を更新中なので、フォローしてもらえたら嬉しいです! Twitter Instagram Facebook YouTube 投資家サロン Tumblr Blogger Hatena Ameblo Note

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報や、メルマガ限定情報などをメールで受信できます。

9,586人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。