メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報や、メルマガ限定情報などをメールで受信できます。

10,977人の購読者に加わりましょう

Browse By

法人所得を個人給与として払い出す場合の最適金額は?

法人の所得を個人に給与として支払う場合、いくらが最適なポイントでしょうか?

結論としては、以下のグラフを見ていただければ一目瞭然です。縦軸が実効税率(%)、横軸が収入(万円)になります。

青色が法人の場合、赤色が個人の場合なので、青色>赤色の場合は、個人の実効税率の方が安くなります。青色=赤色が損益分岐点で、約527万円です。したがって、一人当たり約527万円までであれば、法人で納税するよりも、個人に給与として払い出した方が有利になります。

これから導き出される法人所得を個人に分配する場合の結論は、一人当り527万円未満に収まる限り、法人所得は個人に移転した方が有利で、その分け方としては、金額を人数で割って、平準化するように分けるのがベスト

ということになります。

また法人税率のグラフは800万円〜2000万円までの勾配が一番急で、それ以降がフラットになるため、800万円以下の節税は、それ以上の節税に比べて効果が薄く、527万未満は個人の方が有利になります。以下が「個人税率−法人税率」のグラフになります。グラフの形状を見る限り、2000万円、800万円、527万円が節税の際の境になりそうです。

ウェブサイトで公開出来ない非公開情報は、メルマガ、LINEオープンチャット、オンラインサロンにて完全無料で公開中です。 お問い合わせフォームから「LINE加入希望」「メルマガ加入希望」「オンラインサロン加入希望」と送ってください! ブログランキングに参加中です。もし宜しければこちらをクリックお願いします! SNSでも様々な情報を更新中なので、フォローしてもらえたら嬉しいです! Twitter Instagram Facebook YouTube 投資家サロン Tumblr Blogger Hatena Ameblo Note

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報や、メルマガ限定情報などをメールで受信できます。

10,977人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。